人生

上野洋明警視庁(プロフィール)捜査1課長が連打した美人記者は誰?

上野洋明警視庁(プロフィール)は2月13日に警視庁捜査1課長に就任しましたが、刑事部の武道始式でTOKYO MXの新人美人女性記者を竹刀で連打し、全治3週間のケガを負わせたことが、2月16日発売号の週刊文春に報じられます。上野は週刊文春の直撃取材に「試合で相手が怪我すると怪我させたほうは何か問題があるんですか?」と答えています。上野に連打されたTOKYO MXの新人美人記者は誰?

上野洋明(うえのひろあき)のプロフィール

年齢: 58歳
出身地: 北海道八雲町
高校時代は野球一筋。城東警察署署長、第一機動捜査隊の隊長を歴任、1983年に警視庁に入庁
2014年に特殊犯罪対策官を務め、捜査一課には警部補を降り出して合計12年間在籍。2017年2月13日に警視庁捜査1課長に就任。
2014年に都内の図書館などでアンネフランクに関する書籍が立て続けに破られた「アンネの日記破損事件」では、見事犯人逮捕にこぎつけた
2000年に発生した「世田谷一家殺害事件」でも400人もの捜査官を指揮し、解決に挑み続けていた。操作手法も地取りや聞き込みなどの伝統的な手法を徹底するように指導を行うことなどから、警視庁内では現代の武士と呼ばれている。

上野は武道始式でTOKYO MXの入社1年めの新人美人女性記者を連打

週刊文春の取材によると、上野は1月26日の午後に行われた武道始式で、TOKYO MXの新人記者と対戦した際に、剣道の経験のない女性記者の腕を目掛けて、チャンバラのように”横内ち”で執拗に連打した。

武道始式とは?

武道始式とは、年始めの恒例行事で、刑事部の他に総務部などが、日を分けて開催します。柔道、県道、逮捕術などを所属対抗で競い、その後、記者クラブと警視庁チームによる親善試合を行う。警視総監や幹部、さらに記者クラブ員など、200人ほどが観覧する一大行事です。

上野は昔気質の刑事で部下に厳しすぎると評判

上野は捜査一課に12年在籍し、第一特殊犯捜査課に在籍。誘拐や立てこもりの事案を担当する捜査を専門に行ってきました。2017年2月13日に警視庁捜査第1課長に就任した際も、「ホシ(犯人)を何としても捕まえる。この執念だけは誰にも負けない」と語っていて、捜査手法もDNAや監視カメラ等の科学捜査のみだけではなく、地取りや聞き込み、取り調べなどの一課伝統的な手法を徹底するように指導を行うなど、周囲にも厳しい態度で臨み、警視庁内では現代の武士とも呼ばれていて、昔気質の叩き上げの刑事です。以前から『部下に厳しすぎる』という声も上がっていました。

TOKYO MX の入社1年目の新人美人女性記者は全治3週間のケガ

上野に竹刀で殴打された新人美人女性記者は全治3週間のケガを負いました。

「試合開始の直後、上野隊長が、彼女の銅を打ちました。その時は会場も盛り上がったのですが、続けて防具のない腕を打ちまくったのです。本来は余興みたいなもの。隊長は剣道は無段でも柔道の有段者でして、素人相手の”暴挙”に会場は警官も含めてドン引きでしたね」

「防具に覆われていない生身の腕が打たれ、バチン、バチンという音が道場に響いていました。彼女は身長が、150センチ台で細身の体型。『大丈夫なのか』という雰囲気が漂い、道場はシーンと静まり返りました」(その場にいた警察関係者)

上野に竹刀で連打されたTOKYO MXの新人美人女性記者は森田美礼?

上野に竹刀で連打されて全治3週間のケガを負ったTOKYO MXの美人女性記者は

・身長150センチ台の細身
・都内の女子大学在学時代はミスコンで優勝
・学生キャスターとしてニュース番組にも出演
・23歳
・学生時代はアナウンサー志望

という情報から森田美礼ではないかと思われます。

森田美礼(もりたみれい)のプロフィール

生年月日: 1993年9月15日
出身: 東京都千代田区
最終学歴: 共立女子大学文芸学部卒
略歴: 共立女子大学時代にはミスコンで優勝し、2014年に第26期BSキャスターを務め、2015年にMX高校野球ハイライトキャスターとして出演。

現在はTOKYO MXで報道ニュースを担当中

現在はTOKYO MXの報道局報道部に配属されて、TOKYO MX NEWSで報道ニュースを担当中です。

上野は週刊文春の直撃取材についてコメント

今回の事件について上野は週刊文春の直撃取材に対して次のようにコメントしています。

上野は週刊文春の直撃取材に「試合で相手が怪我すると怪我させたほうは何か問題があるんですか?」と答えています。

上野について不安を感じる声

今回の件で、上野について不安を感じる声も聞かれます。

「試合後、彼女の腕は赤く腫れ、全治3週間だそうです。一課長は、捜査の見立てや方針を下す立場になる。手加減も出来ないような、空気が読めない人で大丈夫かと心配です」(記者)

上野洋明警視庁(プロフィール)は2月13日に警視庁捜査1課長に就任しましたが、刑事部の武道始式でTOKYO MXの新人美人女性記者を竹刀で連打し、全治3週間のケガを負わせたことが、2月16日発売号の週刊文春に報じられます。上野に竹刀で連打された女性記者は、森田美礼ではないかと思われます。上野は週刊文春の直撃取材に「試合で相手が怪我すると怪我させたほうは何か問題があるんですか?」と答えています。これに対して周囲では、手加減も出来ないような空気が読めない人が、捜査の見立てや方針を下す立場になる一課長で大丈夫か心配だという不安の声も聞かれます。確かに上野は、自分も素人だから、どう手加減していいかわからなかったと言っていますが、うっかり竹刀があたってしまったなどならまだわかりますが、防具もつけてない相手の腕に一回どころか腕が赤く腫れ上がるまで連打し続けるって、手加減がわからない云々の段階ではないと思います。気持ちがのめりこむと、状況が見えなくなってしまう気質が感じられて、不安ですね。

関連記事

  1. 訃報渡瀬恒彦!息子【画像】や嫁や娘は誰?大原麗子との離婚理由は?…
  2. 黒崎愛海行方不明事件犯人?チリ人帰国後目撃情報。身柄拘束間近!
  3. 壁崩壊ベガス1300長野オープン日から5日!ずさん建築【画像】の…
  4. トランプ家族画像、保守的なメラニアこそ、トランプの理想の妻
  5. 小林麻央「泣いても良い」の内容とは?放射線食道炎?1月現在の余命…
  6. 堺市4歳男児行方不明・・・発見されない理由は野犬の仕業か?
  7. 訃報!松野莉奈(卒アル【画像】)病死は誤報?本当の原因は?
  8. 中森明菜2016ディナーショーチケット完売追加公演も。現在は紅白…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP