限定承認

故人の借金の連帯保証人になっていた場合、「相続放棄」では解決不能?・・・「限定承認」の可能性もぜひ考慮を

もし故人の借金の連帯保証人になっている場合、「相続放棄」をすることで連帯保証の義務から逃れることは出来るのでしょうか?相続を考える場合、大切なポイントとなりますので、しっかり憶えておきましょう。

スポンサーリンク

「相続放棄」すれば連帯保証の義務から逃げられるか?:

被相続人(故人)が第三者の借金の保証人になっていた場合、相続放棄をすれば被相続人が負っていた連帯保証人としての義務から逃れることが出来ます。

しかし、相続人が被相続人(故人)の借金の連帯保証人になっている場合、相続放棄しても借金お支払い義務から逃れることは出来ません。

「連帯保証」=「保証契約」:

借金をするとき、貸し主(債権者)と借り主(債務者)の間でお金のやり取りに関し金銭消費貸借契約」を結びます。

この借金に関し、連帯保証人を付ける場合、債権者(貸し主)と連帯保証人の間で債務の保証に関し「保証契約」を結びます。

ここがポイントで、債権者と債務者の間で結ばれる「金銭貸借契約」と、この債権者と保証人の間でかわされる「保証契約」とは全く別の契約となるわけです。

従って、「金銭消費貸借契約」と「保証契約」はそれぞれ、個別に相続の対象となるわけです。

スポンサーリンク

「連帯保証契約」は相続人自身と債権者との契約:

相続開始により、被相続人(故人)の負っていた債務者としての義務が相続人に引き継がれますが、相続人は「相続放棄」によって、この債務者としての義務を引き継がなくすることは可能です。

しかし、相続人が被相続人(故人)の借金の連帯保証人になっていた場合、相続債務とは相続放棄により引き継がなくても良くなりますが、

連帯保証人としての義務は債権者との個別の「保証契約」に基づくものであるため、相続放棄をしたとしても連帯保証人としての義務には何の影響も無いわけです。

従って、もし相続人が被相続人(故人)の連帯保証人であった場合、相続人自身がその借金を返済する必要が発生し、それが出来ない場合、最悪、自己破産を含む債務整理を相続人自身が行うことが必要となります。

ある程度の資産が有る場合、「限定承認」という選択肢も:

もし、借金も多いけれど不動産等、ある程度相続する資産も多い場合、「限定承認」=「プラスの財産の範囲内で債務を引き継ぐ」という方法が有効かもしれません。

「限定承認」のまとめの項でも書かせて頂きましたが、相続財産が不動産であった場合、そして不動産に担保設定がなされている場合、「相続人の先買権」は認められませんので、任意売却を選択することとなります。

そして、その不動産に連帯保証をしている場合、予め、債権者と担保不動産の売却代金の支払いによる債権抹消の交渉、そして、債権抹消の覚書等を弁護士を通じて取り交わすことにより、連帯保証債務を抹消することが出来ます。

これは正しく、私達家族が「限定承認」を通じて行った連帯保証に対する債権抹消方法です。もし同じような悩みをお持ちの方がおられましたら、何らかの参考にしていただけますれば幸いです。

スポンサーリンク

【こちらも読まれています】

伊藤素子【画像】三和銀行詐欺事件は今?南敏之の親戚の有名歌手は誰?

訃報渡瀬恒彦!息子【画像】や嫁や娘は誰?大原麗子との離婚理由は?

瀧谷具靖【画像】相模原事件で国際手配逮捕!恐るべき犯行手口と素顔とは?

桐山悟を岐阜県大垣市事件で緊急逮捕!妻と義母を手に掛けた真相とは?

関連記事

  1. 「30年一括借上」のアパート経営・・・本当に大丈夫?
  2. 減価償却費(1)・・・お金の支出を伴わない経費=節税の重要ポイン…
  3. 個人事業主の経費・・・どんなものが経費として認められるの?その基…
  4. 個人事業主としての第一歩!・・・「個人事業の開廃業届出書」&「所…
  5. 遺産相続、債務整理の一つの方法=「限定承認」という選択
  6. 青色事業専従者給与に関する届出書・・・家族への給与支給で節税する…
  7. 「青色申告」と「確定申告」の違い・・・ご存知ですか?
  8. 賃借人との退去交渉(その1)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

recomend

PAGE TOP