人生

マクロン(フランス)夫人【画像】の衝撃の過去!禁断の恋の真相とは?

フランスの公共放送は、7日行われたフランスの大統領選挙の決選投票で、、中道で無所属のマクロン候補が極右政党のルペン候補を破り、勝利することが確実になったと伝えました。
勝利への道へは、マクロン候補も、周囲も、マクロン(フランス)夫人の存在なしではあり得なかったと語っています。
マクロン(フランス)夫人【画像】の衝撃の過去や禁断の恋の真相とは?

スポンサーリンク

エマニュエル・マクロンのプロフィール

名前: エマニュエル・マクロン
フランス語: Emmanuel Macron
生年月日:1977年12月21日(39歳)
出身高校: アンリ4世高校(超名門)
出身大学: パリ第10大学
略歴: 1977年12月21日、神経学者である父ジャン=ミシェル・マクロンと医師である母フランソワーズ・マクロン=ノーグスの息子としてソンム県アミアンに生まれました。パリ5区の名門アンリ4世高校(リセ・アンリⅣ)で学んだ後、バカロレアに合格。パリ第10大学に入学し、ヘーゲルに関する論文で学位を取得し、その後はパリ政治学院、国立行政学院(ENA)を卒業して、2004年からフランスの財務省財政監察官として働く。2006年に社会党に入党し、2007年大統領選挙で社会党候補のセゴレーヌ・ロワイヤルを支援しました。

2008年にロスチャイルド銀行(富裕層の銀行として有名)に入行した。入行わずか2年の2010年には副社長格にまで昇進し、一時期の年収は200万ユーロ(日本円で約2億4千万円以上)にまで上がりました。

その後、2012年から現在のフランス大統領、フランソワ・オランド氏の側近として活躍し、2014年には第2次マニュエル・ヴァルス内閣の経済・産業・デジタル大臣に就任。斬新で新しい政策を打ち出すも、うまくいかず、2016年8月に経済相を辞任します。そしてフランスを大きく変えるべく、2016年11月、正式に2017年度大統領選への出馬を表明しました。

マクロン(フランス)夫人【画像】のプロフィール

名前: ブリジッド・マクロン
フランス語: Brigitte Macron
生年月日: 1953年4月13日(64歳)
略歴: 実家は北部アミアンで有名チョコレート「トロニュー」を製造する資産家の6人兄弟の末っ子。21歳の時に結婚し、3人の子供の母親。高校で仏文学とラテン語を教えていました。

スポンサーリンク

エマニュエルマクロンとブリジッドマクロンのなれそめ

エマニュエルマクロンとブリジッドマクロンは、ブリジッドが1992年にマクロン氏が通う、イエズス会系のプライベートスクールで演劇の指導をしていた時に、当時15歳のマクロン氏と知り合いました。マクロン氏はブリジットさんの作品で演じ、2人の関係は徐々に恋愛へと発展しました。

マクロン(フランス)夫人の衝撃の過去とは?

マクロン(フランス)夫人の衝撃の過去とは、2人が知り合った時に、マクロン(フランス)夫人は、マクロン氏が通う高校で教師をしていましたが、マクロン(フランス)夫人は、21歳の時に結婚し、3人の子供がいました。つまり人妻だったわけですね。

禁断の恋の真相とは?

禁断の恋の真相とは?マクロンが通う高校のフランス語教師だったブリジットに、マクロン少年が恋に落ちますが、当時、40歳で夫と3人の子持ちのブリジッドは、最初はあまり相手にせず、マクロンの両親も猛反対。二人は当時アミアンというフランス北部の田舎町にいて、周囲からのバッシングに耐えられなくなりパリへ移り、マクロンは、アンリ4世高校に転校しました。やがて、エマニュエルマクロン氏はエリート官僚への道を進み、ブリジットさんはパリの私立高校の先生となり、陰ながら彼を支え、マクロン青年が『あなたが何をしようと、僕はあなたと結婚する』とプロポーズした時から、10年後の2007年、マクロンが29歳のときにゴールインします。

フランス大統領への道は、マクロン(フランス)夫人なしではなりえなかった

マクロン(フランス)夫人は、初めてマクロン氏と知り合った、マクロン氏が15歳の時からガイド役、コーチ役として、マクロン氏に伴走してきました。大統領選のキャンペーンでも積極的な役割を演じ、同氏の演説に助言し、公約作成を事実上支えてきました。
マクロン陣営のアドバイザーで2007年の夫妻の結婚式にも立ち会ったマルク・フェラッシ氏は、「エマニュエル・マクロン氏は彼女なしではこの冒険に乗り出せなかっただろう。彼には彼女の存在が不可欠だ」と語っています。また、マクロン氏(39)は23日、第1回投票勝利後の演説で、ブリジットさん(63)が「常にそばにいてくれる」ことに謝意を表明。夫人がいなければ「今の自分はなかっただろう」と話し、支持者は大声でブリジットさんの名前を叫び、投票日当日には衆人が見守る中で手をつないでいる姿が見受けられました。

フランスの公共放送は、7日行われたフランスの大統領選挙の決選投票で、、中道で無所属のマクロン候補が極右政党のルペン候補を破り、勝利することが確実になったと伝えました。
勝利への道へは、マクロン候補も、周囲も、マクロン(フランス)夫人の存在なしではあり得なかったと語っています。

マクロン(フランス)夫人【画像】の衝撃の過去や禁断の恋の真相とは、マクロン(フランス)夫人と、マクロン氏は、マクロンが15歳の時に知り合いました。マクロン(フランス)夫人は、当時40歳と、マクロン氏より24歳で、マクロン氏の通う高校の教師でした。マクロン(フランス)夫人は、すでに既婚で、3人の子供がいました。当然のごとく、2人の恋は、両親にも周囲にも大反対され、2人はパリへ移り、マぎロン氏は、アンリ4世高校に転校しました。その後マクロン氏はエリート官僚の道へ進み、マクロン(フランス)夫人は、パリの私立高校の先生となり、陰ながら彼を支え、マクロンが29歳の時に結婚します。

マクロン(フランス)夫人は、15歳の時からガイド役、コーチ役として、マクロン氏に伴走してきました。大統領選のキャンペーンでも積極的な役割を演じ、同氏の演説に助言し、公約作成を事実上支えてきました。周囲も、そしてマクロン氏自身も、夫人がいなければ、今回の勝利はあり得なかっただろうと述べています。マクロン氏にとって、マクロン(フランス)夫人はかけがえのない存在なんですね。そんな夫人の応援を受けながら、フランス歴史上最年少の大統領となるマクロン氏の「硬直した既存の政治を打破しフランスを立て直す」、新しいフランスを切り開いていく手腕に期待したいですね。

スポンサーリンク

【こちらも読まれています】

大脇正人【画像】瑞浪市自宅庭BBQ事件!墓場でサンマ焼きでもトラブル?

高木遥生【画像】逮捕で大学はどこ?女子中学生なりすましわいせつ手口とは?

高橋宏史【画像】逮捕!タクシー運転手傷害致死事件の犯行の動機と手口とは?

冨樫朱夏【自宅画像】小学校教師群馬トイレ盗撮で逮捕!小学校はどこ?

渡辺祐介【画像】逮捕!東京医科歯科大歯科医殺傷事件犯行動機と手口とは?

関連記事

  1. 岡田隆之介結婚秒読みの彼女は誰?俳優業進出決定で事務所期待の脅威…
  2. 【訃報】日野原重明105歳生きた食事はオリーブオイル?息子は誰?…
  3. 小林麻央の現在余命はあとどれくらい?20173月最新治療法はどの…
  4. 茅原実里結婚の相手は誰で杉田智和とは破局?文春砲の驚愕の内容とは…
  5. 伊野尾慧出演番組11月「めざましテレビ」二股交際疑惑の女子アナ…
  6. 熊谷裕樹【顔画像】逮捕!ジャニーズの噂や経歴結婚歴整形疑惑は?男…
  7. 斎藤佑樹ハゲ2017進行中でも一般女性と恋愛発覚!本業より得意な…
  8. 西川絵里香【顔画像】逮捕!元検事女弁護士同僚男性弁護士怪我事件の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

recomend

PAGE TOP