人生

小番一騎控訴で判決は?局部切断ボクサーの現在嫁は?

小番一騎(こつがいかずき)は2015年の8月妻の勤務先だった港区のみなと共和法律事務所を襲撃し、妻に肉体関係を強要したとして、妻の上司の和田正弁護士を複数回殴った上で、局部を枝きりばさみで切断したとして、傷害と銃刀法違反の罪に問われて、懲役4年6月の実刑判決が言い渡されましたが、小番は、判決を不服として控訴していました。最終判決は?現在嫁は?

小番一騎のプロフィール

出身地: 東京都世田谷区
血液型: O型
階級: スーパーライト級
戦績: 0戦0勝(OKAY0)0敗0分
始めたキッカケ: 親の勧め
好きな女性のタイプ: 意思が強い人
目標: 夢法曹
好きなボクサー: モハメッドアリ
ファンに一言: 見かけたら気軽に声をかけて下さい

出典:オザキボクシングジム所属

小番一騎は法律事務所を襲撃、妻の上司の局部を切断

小番は、2015年の8月13日午前7時40分頃、妻に肉体関係を強要したとして、妻の勤務先だった、港区のみなと共和法律事務所を襲撃し、上司の和田正弁護士の顔を数回殴った上、局部を全長20センチ刃渡り6センチの枝切りバサミで切断しトイレに流しました。

小番の妻は上司の弁護士と不倫、好意が薄れ、夫の小番に相談

小番の妻、希美は小番と23年3月に東日本震災のボランティアで知り合い、交際を開始し、平成24年6月に結婚し、26年5月からみなと共和法律事務所で和田弁護士の秘書として働き始めた。同年12月末和田に口説かれた希美は和田と不倫関係になり、平成27年8月までに少なくとも6回の関係を持ちました。しかし、希美は、次第に和田への好意が冷め、小番に「職場の人間関係に悩んでいる。男性にキスしかけられた」と相談すると、小番が問い詰めると、「2回だけ関係を持った。拒んだけどやめてくれなかった」と嘘をつき、小番は、「男が、優越的な立場を悪用して、強制的に妻と関係を結んだ」と考え、26年8月13日朝、みなと共和法律事務所を訪問、和田の顔を殴った上、持っていたはさみで局部を切断し、重症を負わせました。

希美は、小番はペットのような存在と供述

希美はかなてから実家を出たいと思っており、「結婚すれば実家を出られる」「結婚なんて紙ペラ1枚だ」との考えで小番と結婚しました。しかし学生だった小番との生活に疲れ、そんな際は「ペットのようなものだ」と考え、気を休めていたそうです。

スポンサーリンク


小番は、大事な妻に立場を利用して関係を結んだ和田を許せなかったと供述

小番は希美に対して、「妻からは家庭の温かさなど多くのことを与えてもらった。早く司法試験に受かって、妻が与えてくれたもの以上のものを与えたいと思っていた。話してくれる妻が辛そうで心が痛くなった。悲しみ、絶望感が出て、男性への怒りになり犯行に及んだ」と反省と謝罪を述べた上、妻への変わらない愛を語りました。法律知識を持つ小番ならではの、減刑戦略かと思われる発言に、検察側や裁判官から厳しい指摘をされる部分もありました。

小番は現在嫁とは?

希美は調書で、「一騎への愛情は事件後も変わらないが、騒ぎになったのでせめて名字だけでも変わりたい。人生をリセットしたい」と述べていますが、小番への手紙には、「罪を償ったら一緒に暮らしたい。」と書いてあったそうです。実際、希美は週に1度拘置者にも面会に来て、週に2~3回総計130通くらい直筆の手紙が届いたそうです。しかし、嫁の希美は現在実家に帰ってしまっているようで、小番も現在実家で両親と暮らしています。

判決公判で懲役4年6月の実刑判決がでるも、不服として控訴

2016年7月5日、東京地裁で開かれた判決公判で、「動機に酌むべき事情はあるが、男性に回復不能の傷害を負わせた結果は重大だ」として懲役4年6月の実刑判決を言い渡しました。小番は、この判決を不服として控訴しました。最終判決は、2017年2月14日に言い渡されます。

小番一騎(こつがいかずき)は、2015年の8月妻の勤務先だった港区のみなと共和法律事務所を襲撃し、妻に肉体関係を強要したとして、妻の上司の和田正弁護士を複数回殴った上で、局部を枝きりばさみで切断したとして、傷害と銃刀法違反の罪に問われて、懲役4年6月の実刑判決が言い渡されましたが、小番は、判決を不服として控訴しました。小番は、嫁の希美より、上司である弁護士の和田と関係を持ったことを打ち明けられ、和田が立場を利用して、希美に関係を求めたと理解し、嫁の職場を訪れ、和田の顔を数回殴ったあと、和田の局部を全長20センチ刃渡り6センチの枝切りハサミで切断し、トイレに流しました。事件の後、嫁の希美は何回も和田に会いに行き、拘置所を訪れて、また一緒に暮らしたいという直筆の手紙をだしていたようで、小番も「離婚は考えられない。」と希美と一緒にやっていくことを希望しています。が、現在は、希美は実家に帰り、小番も実家で両親と暮らしています。事件の内容を考えても、また二人がやっていくことはかなり難しのではないかと考えられます。2月14日に最終判決がでます。詳細が分かり次第追記します。

追記: 二審も実刑判決が出ました。東京高裁は14日懲役4年6月の実刑とした一審東京地裁判決を指示し、「被害者に落ち度があることは明らかだが、民事訴訟で対抗すべきだった。生涯消えない苦痛をもたらしており、刑が重すぎて不当とは言えない」と弁護側控訴を棄却しました。

関連記事

  1. 鎌田祐一【画像】逮捕!京王バス運転手女児わいせつの驚愕の手口とは…
  2. 小出恵介2017ドラマ放送中止!女子高生飲酒交友詳細と引退決定か…
  3. 白石貴将【画像】盗撮で逮捕!倒産ディンゴ開発レコラヴのヤバすぎる…
  4. 弦本康孝(学歴、早稲田大学卒NHK)周辺で同様の被害に関与。余罪…
  5. 飯伏慶【顔画像】逮捕!上野ダイヤモンド窃盗の驚くべき手口とは?
  6. 小林麻央「泣いても良い」の内容とは?放射線食道炎?1月現在の余命…
  7. 葛飾区保育士ネットわいせつ事件の該当者は誰【画像】?勤務先はどこ…
  8. 楠木麻里子【顔画像】逮捕!大阪私立育成幼稚園放火未遂の脅威の手口…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

recomend

PAGE TOP