限定承認

個人事業主の経費・・・どんなものが経費として認められるの?その基準は??

個人で事業を営んでおられる方にとって「どんなものが経費として認められるのか?」は絶対に知っておかねばならない重要なポイントです。どんなものが経費として認められ、どんなものが認められないのか?まとめました。

スポンサーリンク

「仕事をするために必要な費用」=「経費」:

サラリーマンの方とアパートなどを経営されている個人事業主の方との最も大きな違いは、なんといっても、会社が天引きと言うかたちで代わりに収めていた税金を自ら計算し確定申告をしなくてはいけない点ではないでしょうか?

言うまでもなく、「年間売上高」-「必要経費」=「利益」(事業所得)となり、これに税率を掛けることで収めるべき所得税が計算出来るわけですが、ここでサラリーマンのときには考えられなかった「必要経費」を計上することで節税、すなわち余計な税金を払わなくてもすむ事となります。

この「必要経費」、もちろんどんな出費でも経費となるわけではありません。どこまで経費として認められるか?・・・その基準が、

「経費」=「仕事をするために必要な経費」

ということになります。以下、どんなものが経費として認められるのか、具体的に見ていきたいと思います。

どんなものが必要経費として認められるか?・・・消耗品、事務所、自動車、資料代、交通費等:

仕事をするのに必要なもの・・・例えば、仕事をする上で必要な情報代、新聞・雑誌の定期購読料金、雑誌・書籍代、セミナー受講代金等が考えられますが、以下、個別に見ていきたいと思います。

  • 什器備品・消耗品費:

パソコン、ソフトウエア、文房具、コピー用品、仕事机、椅子・・・全て経費として認められます。

10万円未満のものは全額一括経費に、

10万円以上のものは一部の例外を除き、資産として扱われ、耐用年数に減価償却する必要が有ります。

また、機材の修理代金、保守委託費用も経費となります。

  • 事務所経費・・・家賃、水道光熱費、通信費等:

個人事業主の場合、自宅を事務所として使用している方も多いと思いますが、これも仕事に使用している部分を経費として認めてもらえます。

「家賃」の場合、プライベートで使っている部分を「家事関連費」と呼び、この割合を家賃に掛けたものを差し引いた部分が仕事で使っている業務割合部分として経費として認められるわけです。

また、「住宅ローン」を支払っている自宅を事務所にしている場合は、ローン全額ではなく、「ローンの利息のみ」が経費の対象となり、「事業割合分を経費として算出」します。

「火災保険」も同様に、「事業割合が経費」として認められます。

電気・ガス・水道料金等、「水道光熱費」もそれぞれ業務に使用した部分を経費として計上できます。

電話料金・携帯料金・インターネット接続費用等、「通信費」も業務使用部分は経費として認められます。

  • 自動車の経費

「家事関連費」の一項目として「自家用車の経費」も認められます。

自動車を仕事でしか使用していないのであれば、その経費は全額、必要経費となります。

自宅兼事務所の場合と同様、自家用車を仕事にも使用シている場合、ガソリン代・メインテナンス費用等のうち、使用割合に応じた分が経費として認められます。

車の購入費も、減価償却費業務使用分が経費として認められます。

従って、ガソリン代、駐車場代、修理・メインテナンス費用、自動車税、自動車保険料、車の購入費の減価償却費(業務使用部分)、そして、業務使用中の高速料金、駐車料金は全額経費として認めてもらえるわけです。

  • 新聞雑誌・情報収集・資料代金

業務上必要な情報や各種資料代、新聞・雑誌購読料、技能・知識・ノウハウを得るためのセミナー受講料等も経費として認められます。勿論、直接業務に関連していることが前提です。

  • 交通費

仕事の打ち合わせ等で外出した際の電車賃やバス代、買い物に出掛けたときの交通費等も経費になります。電車、バス等の交通費は、基本的に領収書がありませんので日ごろからメモを取り、記録しておく習慣を付けておくようにしましょう。

  • 打ち合わせの飲食代・・・接待交際費・会議費

取引先や顧客との仕事の打ち合わせ、仕事仲間との居酒屋での打ち合わせをしながらの飲食・・・これらも立派な経費です。割り勘にした場合でも、しっかりと領収書はもらっておきましょう。費用名は「接待交際費」になります。

また、喫茶店で仕事の企画案を考えたり、ランチをしながら仕事の打ち合わせをした場合、「打ち合わせ会議費」という勘定科目で経費として処理することが出来ます。

これも立派な業務上の経費です。ワリカンにした場合でも、きちんと領収書をもらってきましょう。領収書には、打ち合わせ相手の名前と、要件をメモ書きしておきます。費用は「接待交際費」となります。

この「接待交際費」と「会議費」、区分は一体何?と思われることと思いますので、以下、簡単にまとめてみますと:

「接待交際費」:

  1. 取引先担当者やスタッフとの飲食代、
  2. 取引先へのお中元やお歳暮などの贈答品代金
  3. 仕事上の付き合いによる冠婚葬祭経費

「会議費」:

  1. 打ち合わせに使った喫茶・軽食費用
  2. スポンサーリンク

    「経費にならない」もの・・・所得税、住民税、健康保険料、借入金の返済金等:

  3. 所得税、住民税、(事業税は経費になりますが、所得税や住民税は経費になりません)
  4. 健康保険料、国民年金(所得控除の対象)、
  5. 借入金の返済金(利息分は経費となります)、
  6. 駐車違反の罰金等は経費に成りません

今年は利益が出たから借金を返済して負担を少しでも軽く、とおもっても残念ながら返済金額は経費して利益から差引くことは出来ません。

「経費」になるのは、「借金の利息」だけですのでお忘れなく。

今回は個人事業主が確定申告を前に悩む点=経費について、どのようなものが経費に成り、どのようなものが経費として認められないのか?を大雑把に取り上げてみました。事業が順調に成長し十分な利益が確保出来ておられる方は、是非、日々の経費の管理にも注意を払い、しっかりと節税意識を持たれることも大切ではないでしょうか。

スポンサーリンク

【こちらも読まれています】

伊藤素子【画像】三和銀行詐欺事件は今?南敏之の親戚の有名歌手は誰?

訃報渡瀬恒彦!息子【画像】や嫁や娘は誰?大原麗子との離婚理由は?

瀧谷具靖【画像】相模原事件で国際手配逮捕!恐るべき犯行手口と素顔とは?

桐山悟を岐阜県大垣市事件で緊急逮捕!妻と義母を手に掛けた真相とは?

関連記事

  1. 限定承認した不動産が値上がりしていた場合・・・相続開始から4ヶ月…
  2. 遺産相続・・・3つの方法
  3. 「死後離婚」・・・配偶者が死んだ後、離婚って可能?具体的な手続方…
  4. 個人事業主が最小限の出費で法人としての節税メリットが受けられる!…
  5. 青色事業専従者給与に関する届出書・・・家族への給与支給で節税する…
  6. 個人事業主としての第一歩!・・・「個人事業の開廃業届出書」&「所…
  7. 遺産相続、債務整理の一つの方法=「限定承認」という選択
  8. 賃借人との退去交渉(その1)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

recomend

PAGE TOP