限定承認

個人事業主としての第一歩!・・・「個人事業の開廃業届出書」&「所得税の青色申告承認申請書」の提出をお忘れなく!!

アパート等の不動産経営やアフィリエイター等、個人事業主としての第一歩を踏み出された方々が一番最初に提出しなければならない届出書である「個人事業の開廃業等届出書」、及び、「所得税の青色申告の承認申請書」について、届出を出す意味と書き方のポイントについてまとめました。

スポンサーリンク

先ずは「個人事業の開廃業届出書」を税務署に!:

いよいよアパート経営やアフィリエイター等、個人事業主としての第一歩を踏み出されたあなたが一番最初に考えなければいけないこと、それは何と言っても「個人事業の開廃業等届出書」を作成し事業開始を申し出ることです。

今まで、多くの方々は務めている会社を通じて税金を収めてきましたが、ひと度、事業主として開業を果たしたからには、今後は直接税金を納めることとなります。

提出先自宅住所のある所を所轄する税務署になります。

提出期限は開業後1ヶ月以内となっています。(・・・実際には期限を過ぎても受理されますが、早いに越したことはありません。)

不備等なく無事に受理された場合、年末に税務署から確定申告に関しての書類が送付されてきます。

尚、事業内容を変更する場合や事務所・店舗の移転、廃業の折にも、「個人事業の開廃業等届出書」の提出が必要になります。

「個人事業主の開廃業に関する届出書」はコチラ⇒https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/pdf/h28/05.pdf

「個人事業の開廃業等届出書」・・・書き方で注意すべき点は?:

「個人事業の開廃業等届出書」、記入に際し特に難しい点はありません。

  1. 先ずは「~税務署長」のところに所轄の税務署名を記入。
  2. 次に事業主の住所、氏名、職業、生年月日、屋号、電話番号を記入し、氏名の横に印鑑を押印します。
  3. 届出の区分には「開業」に◯を付け、開廃業日には事業を開始した日を記入します。
  4. コチラは次に説明する内容になりますが、開廃業に伴う届出書の提出の有無について、「青色申告承認申請書」を一緒に提出する場合には「有」に◯をつけます。消費税に関する「課税事業者選択届出書」又は「事業廃止届出書」の欄は、通常は「無」に◯を付けます。
  5. 給与等の支払いの状況の欄には、従業員が自分1人でしたら専従者の欄に「1人」と記入し、給与の定め方には「月給」と書きます。
  6. 最後に、源泉所得税の納期の特例に関する申請書を一緒に提出する場合は「有」に◯をつけて完了となります。

ここで気になる点があるとすれば、「個人事業の開廃業等届出書」提出時点で「屋号」(会社名)が未だ決まっていない場合とうするか?ではないかと思いますが、ここは空欄でも構いません

スポンサーリンク

「所得税の青色申告承認申請書」・・・提出期限は?:

個人事業主として折角開業を果たしたあなたが「個人事業主の開廃業等届出書」と共に税務署に提出スべき書類、それは「所得税の青色申告承認申請書」です。

この「所得税の青色申告承認申請書」、折角個人事業主として独立を果たし一国一城の主と成ったあなたが「青色申告」をするために必要な申請書です。

この「所得税の青色申告承認申請書」を出さないと、折角の65万円の控除を受けることが出来なくなってしまいます。

提出期限は、新規開業の場合「開業日から2ヶ月以内」となっていますが、折角「個人事業の開廃業等届出書」を開業1ヶ月で所轄税務署に提出にいくのですから、是非、一緒に提出してしまいましょう

尚、白色申告から青色申告に切り替える場合、「所得税の青色申告証人申請書」の提出期限は青色申告をしようとする年の3月15日になります。

「所得税の青色申告の承認申請書」はコチラ⇒https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/pdf/09.pdf

「所得税の青色申告承認申請書」・・・書き方で注意すべき点は?:

「所得税の青色申告証人申請書」、記入に際し特に難しい点はありませんが、以下の通り記入します:

  1. 「所得の種類」・・・小売業、製造業、農業、各種サービス業など通常の場合は「事業所得」に◯
  2. その他参考事項の項目で、「65万円の控除」を受けるのが目的ですから「複式簿記」を選択し◯。・・・「簡易簿記」を選択した場合、控除額が10万円となります。
  3. 備え付け帳簿名の欄、65万円の控除を受ける場合、基本的に「現金出納帳」、「売掛帳」、「買掛帳」、「固定資産台帳」、「預金出納帳」、「総勘定元帳」、「仕訳帳」に◯。(業種によって異なる場合があります。)10万円の控除を受ける場合は、「現金出納帳」、「売掛帳」、「買掛帳」、「経費帳」、「固定資産台帳」(業種によって異なる場合があります。)

今回はアパート経営やアフィリエイター等、個人事業主としての第一歩を踏み出されたあなたが一番最初に提出すべき届出書として「個人事業の開廃業等届出書」、及び、「所得税の青色申告の承認申請書」を取り上げ、届出を出す意味と書き方のポイントを解説させて頂きました。折角開業し青色申告事業者となるのですから、個人事業主としてしっかり利益を上げていきましょう!

スポンサーリンク

【こちらも読まれています】

伊藤素子【画像】三和銀行詐欺事件は今?南敏之の親戚の有名歌手は誰?

訃報渡瀬恒彦!息子【画像】や嫁や娘は誰?大原麗子との離婚理由は?

瀧谷具靖【画像】相模原事件で国際手配逮捕!恐るべき犯行手口と素顔とは?

桐山悟を岐阜県大垣市事件で緊急逮捕!妻と義母を手に掛けた真相とは?

関連記事

  1. 限定承認した不動産が値上がりしていた場合・・・相続開始から4ヶ月…
  2. 不動産投資、忘れてはいけない3つのポイント・・・あくまで投資用不…
  3. 青色申告・・・事業者なら必ず知っておきたい節税メリット!
  4. 賃借人との退去交渉(その2)・・・賃貸アパート住人への退去費用?…
  5. 減価償却費(2)・・・中古物件の場合、建物の金額をいくらにするか…
  6. 2015年の相続税改正・・・具体的にどう変わった?
  7. 「30年一括借上」のアパート経営・・・本当に大丈夫?
  8. 「限定承認」・・・具体的手続き

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

recomend

PAGE TOP