人生

桂三木助成田離婚の相手と理由は?奇行は小朝のいじめが原因って本当?

4月24日、落泰葉がブログで元夫の落語家・春風亭小朝を「告発」し、2001年に亡くなった人気落語家・桂三木助さん(享年43)について「自殺は小朝のいじめによるものでした」などと過激な書き込みをしました。
以前に、桂三木助が成田離婚したとされる相手とその理由はなんだったのでしょうか?また、桂三木助の奇行は小朝のいじめが原因というのは本当なのでしょうか?

スポンサーリンク

桂三木助(四代目)のプロフィール

本名: 小林 盛夫
生年月日: 1957年3月29日
没年月日: 2001年1月3日(満43歳没)
出身地: 東京都北区
出身高校: 立教高等学校(現:立教新座高等学校)卒
最終学歴: 立教大学経済学部卒
略歴: 父・3代目桂三木助の晩年に生まれました。父が5代目柳家小さんと義兄弟の杯を交わすほどの大親友であったので、誰もが認める実力者であった小さんのようになれとの願いをこめて、小さんの本名と同じ「盛夫」と命名されました。父とは3歳で死別し、以降は母と2つ年上の姉のもとで育ちました。大学在学中に落語家になることを決意し、父はすでに亡くなっていたので、1977年4月、人間国宝5代目柳家小さんに入門小さんへ入門しました。
1984年 – NHK新人落語コンクール優秀賞受賞、1997年 – 芸術祭演芸部門優秀賞受賞。

桂三木助の成田離婚の相手とその理由とは?

桂三木助は、生前、成田離婚をしていますが、その相手は、金子真澄という、モデルをしていた女性です。未入籍のままの離婚なので、書類上は正式には、未婚ですが、妻になるはずの金子真澄が、桂三木助の欠点について、耐えかねなくなったというのが、成田離婚の理由だと言われています。

奇行は小朝のいじめが原因って本当?

桂三木助は、生前、奇行が取り沙汰されていましたが、4月24日、落泰葉がブログで元夫の落語家・春風亭小朝を「告発」し、2001年に亡くなった人気落語家・桂三木助さん(享年43)について「自殺は小朝のいじめによるものでした」などと過激な書き込みをしましたが、桂三木助の奇行や、自ら命を断ってしまったのは、小朝のいじめが原因って本当なのでしょうか?

スポンサーリンク

桂三木助の奇行とは?

桂三木助は1985年に、28歳の若さで、26人抜きで真打ちに昇進しました。ここまでの人生は、落語家としてもトントン拍子で、順風満帆でしたが、93年に重度の胃潰瘍のため、胃の4分の3を摘出する手術を受けてから、人生の歯車が少しづつ狂って行きました。

➀93年に重度の胃潰瘍のため、胃の4分の3を摘出する手術を受けたことにより、体力の衰えを感じるようになり、風邪をこじらせ、肺炎に襲われたり滑舌も悪くなって「高座でタンカが切れない」と悩んでいました。

➁2000年には友人にだまされ、商工ローンの保証人になり、1000万円以上の負債を抱えてふさぎ込んでいて、酒と睡眠薬に頼らないと眠れなくなっていて、毎晩、ビールを3リットルほどがぶ飲みした上に、睡眠薬を飲みやっと寝つく日々となっていました。

➂体調がさらに悪化し、2000年9月には、腸閉塞の手術を受けました。

このような不運な事が相次ぎ、それに合わせて、桂三木助の数々の狂行が目撃されるようになりました。

➀2000年10月、鈴本演芸場の昼席への出演を寝過ごして無断休演しました。

➁2000年12月1日、2日と池袋演芸場の夜席を遅刻、翌日も遅刻しました。

➂2000年12月3日には深夜、JR駒込駅で行き倒れになっているところを保護され、病院に緊急搬送されました。
高座の後、意識もうろうとしたままコートも脱ぎ捨て、10時間以上徘徊(はいかい)していたようです。

うつ病の可用性が高いと、担当医から指摘

数々の不運により、桂三木助は精神的にボロボロになっていて、うつ病の可能性が高いと担当医からも指摘され、大学病院への受診を勧められていましたが、受診することなく、年明けに自殺という最悪の結末になってしまいました。

4月24日、落泰葉がブログで元夫の落語家・春風亭小朝を「告発」し、2001年に亡くなった人気落語家・桂三木助さん(享年43)について「自殺は小朝のいじめによるものでした」などと過激な書き込みをしました。
桂三木助の奇行は小朝のいじめが原因というのは本当なのでしょうか?
桂三木助は、生前、成田離婚をしていますが、その相手は、金子真澄という、モデルをしていた女性です。未入籍のままの離婚なので、書類上は正式には、未婚ですが、妻になるはずの金子真澄が、桂三木助の欠点について、耐えかねなくなったというのが、成田離婚の理由だと言われています。あくまでも、当人同志の価値観で、どちらが悪いというようなことは簡単には言えない問題だと思いますが、もしかしたら、桂三木助は、とてもナイーブで神経の細かいところが会ったのかもしれなくて、結婚生活をやっていくのには、難しいところも、あったのかもしれませんね。
桂三木助は、立教大学を卒業し、イケメンでおしゃれで、とても人気があり、落語の方も、28歳の若さで、26人抜きで真打ちに昇進し、とても恵まれた人生を歩んでいました。しかし、その後、重度の胃潰瘍で、胃の4分の3を摘出する手術を受けてから、体調を崩すようになり、その間に、友人に金銭の問題で騙されたり、腸閉塞の手術を受けたり、体力的にも精神的にも、厳しい状況に追い込まれていったようです。その頃から、精神的にも追い詰められていったようで、落語についても無断休演したり、遅刻したり、挙句のはてには、駅で行き倒れになって病院に緊急搬送されたりと、奇行が続く日々となってしまいます。脚光を浴びた時期があっただけに、余計に精神的に追い込まれたのかもしれません。
うつ病の可能性が高いと担当医からも指摘され、大学病院への受診を勸められていましたが、受診することなく、自ら命をたってしまいました。死人に口なしなので、真相について断言は出来ませんが、これらの経緯から類推すると、桂三木助の、奇行や、自殺や、小朝のいじめが原因というより、体をこわしたり、友人との金銭トラブルによる、桂三木助自身の精神的な問題が原因と考えられるのではと思われます。

スポンサーリンク

【こちらも読まれています】

リンちゃん【画像】我孫子市女児遺棄事件!不審車両とは?

澁谷(渋谷)恭生は少女好き?恐ろしい裏の顔【中学画像あり】とは?

山辺節子【画像】逮捕!若作り7億詐欺でタイ男に貢ぐ熊本女の手口と動機とは?

堀尾正明の家族と驚きの収入とは?38年ぶり民法ドラマ出演で収入またアップ?

小島早都未逮捕!箱根町湯本小学校女教師万引きの驚愕手口とは?

小林麻央こころブログが更新ストップ。あぶない状況なのか。12月持つか心配

関連記事

  1. 平慶翔【画像】不祥事や大学学歴非公開でも平愛梨パワーでトップ当選…
  2. 天テレ伊藤元太【動画】行方不明の多摩川で死亡。現在早稲田生だった…
  3. 斉藤由貴モルモン教の戒律で離婚出来ない?沖縄逃避行で家庭内別居か…
  4. 亀石倫子弁護士の経歴とタトゥーの噂とは?騒動のxプロデューサーっ…
  5. 進藤隆富の年齢と結婚や学歴は?女性問題で降板の相手の20代ADっ…
  6. 根津甚八闘病の末、死去。今現在妻は?息子は?
  7. 村主章枝セクシャル写真、バイセクシャル、極貧、凄すぎる現在
  8. ストロベリームーンのおまじないとは?2017年の方角や時間帯や意…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

recomend

PAGE TOP