人生

井崎亮コロンビアで撃たれる。ブログで世界旅行をレポートしていた

井先亮 ブログ コロンビアコロンビア中部メジデンで、19日に、一橋大学社会学部4年生の井崎亮さんが撃たれて亡くなりました。ブログによると、大学を1年間休学し、世界中を回っている最中の事件でした。

19日、拳銃で撃たれ亡くなる

%e4%ba%95%e5%b4%8e%e4%ba%ae%e3%80%80%ef%bc%91

井崎さんは、4月に休学届けを出して、発展途上国を中心に世界各地を回っていました。コロンビア中部メジデンに到着した19日に、食料を買いに出た際に路上で強盗に襲われ、携帯電話とタブレット端末を奪われました。取り返そうと追い掛けたところ、拳銃で2発撃たれ、殺害されたそうです。

11月16日メキシコシティからのブログ更新が最後

井崎さんは、11月16日にグアナフォトからメキシコシティに戻ってきた事を書いています。すき家や日本食スーパーで日本食を堪能した楽しそうな様子が書いてあります。そしてその日のブログの最後に、

さて、メキシコに思い残すことはもうありません。次はコロンビアへ!ついに南米上陸です!楽しみ!

とても楽しみにコロンビアに向かった様子だったのに、そこで命を落とすことになってしまうとは、気の毒で胸が痛みます。

スポンサーリンク


大学4年生を一年休学、世界旅行

ブログに寄ると、井崎さんは、大学4年生の一年間を休学して世界を周っていました。2016年2月から就活が始まるまで、旅行を続ける予定だったようです。

英語力を磨くために、セブ留学を決意

%e3%82%bb%e3%83%96%e5%b3%b6

最初にセブの語学学校へ留学しています。セブは留学費用が安く、授業もンマンツーマンで受けられるので人気の留学先と言うことで選んだそうです。
英語がぺらぺらになってから旅に出たいと思ったそうです。現地では、子どもたちに英語を教える施設で、楽しそうに子供達と交わっている様子が書かれています。

ご飯を食べてからさらに遊んでいると、どんどん子供たちがあつまってきます。もう僕の体は遊具と化してしまいました。次々によじ登ってきます。Tシャツは泥んこです。そのくせ、僕のTシャツを指さして、「ダーティー」と言ってきます。「誰のせいだよ!」と言いたくなりますが、かわいいので許します。

子供たちと楽しそうに戯れる写真も載っています。とても心優しい、朗らかな人だという様子が伺えます。他にも

フィリピン人は世話好きと言われていて、世界の各地で家政婦などとして働いているそうです。実際、僕たちも手厚くもてなしてもらいました。これからもこうやっていろんな人にお世話になることがあると思います。そんな時に、感謝のきもちの伝え方を考えなきゃいけない。せめてありがとうくらいはその国の言葉で言えるようになろう。

とても細やかで、礼儀正しく、やさしい人柄が伺えます。

カナダでは、小学生からの友人と再会

%e3%82%ab%e3%83%8a%e3%83%80

ブログの中でも各国で沢山の友人を作っている、井先さんですが、カナダでは、小1からの友達を再会しています。

そんな「持ってる」男辻ちゃん、僕の小1だか小2だかからの友達で、今回ワーホリでカナダに来ています。もう10年以上の仲です。まさかカナダで会うなんて、あの頃の僕らは想像もしなかったでしょう。人生何があるかわかりません。そんな辻ちゃんと一週間ほどカナダライフを送ります。

小1からの友人と今でも友人関係が続いている井崎さん。とても社交的で、人に好かれる性格だったのでしょう。

一橋大学社会学部4年の井崎さんは、コロンビア中部メデジンで、強盗に襲われ、拳銃で撃たれて亡くなりました。大学を1年休学して、英語を磨き、世界を周り、将来に向けて色々な体験をしようとしていた志半ばでした。ブログから友人も多く、子供たちにも優しい、明るく温かい人柄か感じられます。ご冥福をお祈り致します。

追記、コロンビア警察は、井崎さんを売った2人組のうちの1人を特定したそうです。事件の早期解明に期待したいです。

関連記事

  1. いきものがかり活動休止。「ありがとう」(動画歌詞あり)「エール」…
  2. 柏原芳恵現在【写真】?結婚?同居している男性は誰?
  3. はじめしゃちょーの彼女みゆきって誰?木下ゆうかさん謝罪の真相とは…
  4. 保田樹輝(画像)が池下未沙行方不明事件の犯人?恐るべき動機とは?…
  5. タリウム事件犯人発達障害で「中毒症状の観察が目的」殺意なしで無罪…
  6. キムタクドラマa life視聴率速報!14.7%で好調。第2話の…
  7. 【速報】勝?敗?太川陽介蛭子路線バスの旅最終回結末は?
  8. 射場健太【画像】逮捕!大分宇佐市の四日市こども園襲撃の動機と手口…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP