人生

【訃報】日野原重明105歳生きた食事はオリーブオイル?息子は誰?

日野原重明が7月18日午前6時33分、呼吸不全で亡くなりました。105歳でした。
日野原重明105歳まで生きた食事はオリーブオイルのせいなのでしょうか?
息子は誰でどんな職業についているのでしょうか?

スポンサーリンク

日野原重明のプロフィール

氏名: 日野原重明(ひのはら しげあき)
生年月日: 1911年10月4日
没年月日: 2017年7月18日(満105歳没)
出身地:  山口県吉敷郡下宇野令村(現:山口市)
最終学歴: 京都帝国大学医学部卒
略歴: 父は広島女学院院長、両親ともにキリスト教徒という明治時代には珍しい家庭で育ちました。
京都帝国大学医学部(現在の京都大学)に現役合格したり、順風満帆でしたが、大学入学後、結核にかかり、休学して闘病生活を余儀なくされます。
その後、一時期医学をあきらめ音楽の道に進もうと思いましが、両親に強く反対され、1937年には京都帝国大学医学部を無事卒業し、その後は聖路加国際病院の内科医になり、結婚。第二次世界大戦時代は海軍に任官しました。
1951年、終戦後、聖路加国際病院の内科医長に就任しました。
現在の肩書は、聖路加国際メディカルセンター理事長・同病院名誉院長/上智大学日本グリーフケア研究所名誉所長/公益財団法人笹川記念保健協力財団名誉会長/一般財団法人ライフ・プランニング・センター理事長/公益財団法人聖ルカ・ライフサイエンス研究所理事長でした。
また、人間ドックの開設にも尽力しました。  1987年からは小学生を対象に「いのちの授業」を続けていました。多数の著書があり、90歳で出版した「生きかた上手」がベストセラーになっています。

日野原重明は105歳で亡くなる

日野原重明は、7月18日6時33分、呼吸不全の為、亡くなりました。105歳でした。

日野原重明105歳生きた食事はオリーブオイル?

日野原重明は、105歳と長寿で、生涯現役で、精力的に医学の世界で活動を続けてきましたが、その長生きの秘訣とは、オリーブオイルを取り入れた食事だと言われていますが、それはどういったものでしょうか?

朝食: 毎朝スプーン1杯(15g)のオリーブオイルをオレンジジュースに入れて飲む。
昼食: 牛乳とクッキー3枚
夕食: 週に2回、脂身のない肉90g、あとの日は魚を食べ、ブロッコリーやレタスなどのサラダもいっぱい食べ、ご飯は毎日軽く1膳、夕食時にのみ食べる。
一日1,300kcal、朝と昼は固形物 をほとんど摂らずに、夕食がメイン一日18時間労働の睡眠時間 は平均5時間の生活でした。
5時間の睡眠は、うつ伏せ寝の状態で寝ていたそうで、うつ伏せ寝で寝ると、仰向けに寝るときにはなかなか意識できない腹式呼吸が、うつ伏せで眠ると自然に呼吸が深くなり、横隔膜が動くことで腹式呼吸になり、複式呼吸は、インナーマッスルを鍛えるだけでなく、自律神経の安定や老化防止にも効果があるといわれているので、うつ伏せ寝も長寿の決め手の一つになったようです。
また、食生活で約50年以上も牛乳入りコーヒーに豊年 大豆レシチン(顆粒250g缶)をいれて、摂取していたということです。

スポンサーリンク

オリーブオイルの効用?


オリーブオイルの成分「オレイン酸」は、血液中のコレステロールのバランスを整えて、生活習慣病の予防効果があると言われています。
エキストラバージンオリーブオイルは、抗酸化物質、ポリフェノール、そしてビタミンE の宝庫。これらの物質は、細胞の衰退に関与しているフリーラジカル、つまり、細胞老化プロセスを説明するための基本物質から体内組織を守るために、自然のバリアを効率よく作るサポートをします。バージンオリーブオイルが持つ自然の抗酸化物質が老化プロセスのスローダウンに大いに役立つと言われていて、PREDIMED の研究に参加した科学者たちは、エキストラバージンオリーブオイルがバランスよく使われた地中海食は老いに関わりがある認知症を遅らせるのに役立つため、地中海食は我が国のシニアの生活の質を向上させると実証しました。
世界一の長寿島イタリア「サルデーニャ島」は、オリーブの名産地で、島民は、フレッシュで高品質のオリーブオイルを積極的に食事に取り入れていて、それが長寿の秘訣とも言われています。
また、記録上、最も長生きしたと正式に確認されているのは1875年生まれのジャンヌ・カルメントで、122歳まで長生きしましたが、本人は長生きの秘訣を、「オリーブオイル」を豊富に取り入れた料理だと語っていたということです。

日野原重明の息子は誰?

日野原重明の息子は、日野原 知明です。

氏名: 日野原知明(ひのはら ともあき)
慶應大学の医学部を出てアメリカのセコイア病院カテーテル・ラボラトリーの主任で、循環器内科医として活躍中で、心臓カテーテルの先駆者であり、カテーテル機材の開発者として有名です。
また、以前はアメリカの名門デューク大学の心疾患部の主任もやっていました。

日野原重明が7月18日午前6時33分、呼吸不全で亡くなりました。105歳でした。
日野原重明が、105歳と長寿で、また、生涯現役で活躍出来た要因としてあげられるのは、オリープオイルです。
日野原重明は、朝食時、オレンジュースにオリーブオイルを入れて摂取していました。
オリーブオイルの成分「オレイン酸」は、血液中のコレステロールのバランスを整えて、生活習慣病の予防効果があると言われています。バージンオリーブオイルが持つ自然の抗酸化物質が老化プロセスのスローダウンに大いに役立つと言われていて、エキストラバージンオリーブオイルがバランスよく使われた地中海食は老いに関わりがある認知症を遅らせるのに役立つと考えられています。
また、食生活で約50年以上も牛乳入りコーヒーに豊年 大豆レシチン(顆粒250g缶)をいれて、摂取し、朝と昼は固形物をほとんど摂らずに、夕食がメイン一日18時間労働の睡眠時間 は平均5時間の生活でした。
5時間の睡眠は、うつ伏せ寝の状態で寝ていたそうで、うつ伏せ寝で寝ると、仰向けに寝るときにはなかなか意識できない腹式呼吸が、うつ伏せで眠ると自然に呼吸が深くなり、横隔膜が動くことで腹式呼吸になり、複式呼吸は、インナーマッスルを鍛えるだけでなく、自律神経の安定や老化防止にも効果があるといわれているので、うつ伏せ寝も長寿の決め手の一つになったようです。

日野原重明の息子は、内科医の日野原知明で、慶應大学の医学部を出てアメリカのセコイア病院カテーテル・ラボラトリーの主任で、循環器内科医として活躍中で、心臓カテーテルの先駆者であり、カテーテル機材の開発者として有名です。

日野原重明は、健康の為に、食事や睡眠にも十分留意し、自分の能力や経験を、社会に惜しみなく尽くし、悔いのない人生を全うしたと思います。
息子の日野原知明も、大変に優秀な循環器内科医ということで、父親の意志を継ぎ、これからの医学界での活躍に大いに期待出来そうですね。

スポンサーリンク

【こちらも読まれています】

小室圭の謎だらけの記者会見に隠された驚きの家柄と出身とは?

平愛梨弟平慶翔学歴非公開の理由は?下村氏事務所費を横領し解雇って本当?

岡田義徳結婚!田畑智子の依存愛。元カノ菅野美穂の温泉衝撃写真【画像あり】

愛子さま現在2017真実!不登校再発で激やせ更に悪化の本当の理由とは?

小室圭の父親は自死と判明!祖父も?海の王子の謎だらけの過去とは?

関連記事

  1. 山本裕典の契約解除の理由はフライデーの画像?今は副業で成功って本…
  2. 宮下光太郎【画像】プロゴルファー逮捕!4000万荒稼ぎの手口とは…
  3. 井川雅崇【顔画像】逮捕!小児科医女児事件の驚愕の手口の全貌とは?…
  4. 小林麻央「泣いても良い」の内容とは?放射線食道炎?1月現在の余命…
  5. 橋爪功の息子逮捕!橋爪遼の過去の薬物疑惑と男性問題とは?娘は大丈…
  6. 平慶翔【画像】不祥事や大学学歴非公開でも平愛梨パワーでトップ当選…
  7. 小笠原興人【顔画像】倉田祐太逮捕!銀座7200万円事件の驚愕の手…
  8. 河合美智子現在【画像】病気療養中。復帰いつ?金山一彦と不倫、離婚…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

recomend

PAGE TOP