人生

全英和【画像】山田英志【画像】逮捕!虚偽診断書作成の恐るべき手口とは?

全英和(チョン・ヨンファン)【画像】容疑者(武田病院医師)と暴力団組員山田英志【画像】容疑者、大西義彦容疑者(武田病院元医事部長)の3名は、暴力団組長である、山口組傘下「淡海一家」の総長・高山義友希受刑者の収監を免れさせようと虚偽の診断書を作成した疑いで逮捕されました。虚偽診断書作成の恐るべき手口とは?

スポンサーリンク

全英和(チョン・ヨンファン)【画像】(医師)のプロフィール

山田英志【画像】のプロフィール

年齢: 48歳
略歴: 指定暴力団・会津小鉄会系組員

事件の概要

全英和(チョン・ヨンファン)容疑者(武田病院医師)と暴力団組員山田英志容疑者と、大西義彦容疑者(武田病院元医事部長)の3名は、暴力団組長である、山口組傘下「淡海一家」の総長・高山義友希(よしゆき)受刑者の収監を免れさせようと、虚偽の診断書類を作成して、検察に提出した疑いで逮捕されました。高山組長は、恐喝罪などで、懲役8年の実刑判決が確定しています。

スポンサーリンク

虚偽診断書作成の恐るべき手口とは?

2016年1月に高山受刑者の病状に関して、大阪高検からの照会を受けた際、「心室性不整脈がかなり重篤であり、今後症状が重篤化することが安易に予測できるため、収監には耐えられないと考えられる」などと虚偽の内容を記載した書類を作成し、2016年2月に大阪高検に提出しました。府警によると、当時、全英和容疑者は、武田病院の不整脈センターの所長で、高山受刑者を担当、大西義彦容疑者は、書類の作成を補助する医事部長でした。山田容疑者は、高山受刑者と親交があり、虚偽診断書の作成を依頼しています。高山受刑者の検査結果や、心電図に不整脈を示すデータは見当たらず、虚偽と判断されました。全英和容疑者らは、「事実と異なる内容の書類を作成する見返りに組長側から、現金計100万円と、商品券を受け取った」と供述しています。

全英和容疑者が不整脈センターの所長を務めていた「康生会武田病院」とは?

「康生会武田病院」と府立医大病院と関係が深く、「心臓の武田」とも言われている、民間大手の病院です。もともとは、京都大学系の病院でしたが、最近では府立医大出身の医師が増えていました。武田病院を開業したグループ会長が、京大出身で、長らく京大系の医師派遣を受け入れていましたが、現在の理事長に代わってから、府立医大からの医師を積極的に受け入れるようになりました。高山義友希受刑者を患者として、府立医大側に照会したのも武田病院グループの医療機関です。高山受刑者の父親で指定暴力団会津小鉄会の故・高山登久太郎(とくたろう)元会長が、武田病院で診察を受けていたので、その縁で高山受刑者も診察を受けたと見られます。武田病院グループは京都府内で9病院の他、検診施設、介護・福祉施設などを経営しています。不整脈治療センターは「心臓の武田」を代表する「京都では有数の施設」です。全英和容疑者は、武田病院の特色である、「不整脈治療センター」のトップで、全英和容疑者の治療を受けるために、京都府外からも患者が受診に訪れていました。他の医者からも、「業界では腕がいいことで有名な医者だ」とコメントがあります。

全英和容疑者には犯罪歴あり

全英和容疑者には、過去に収賄事件で逮捕され、有罪判決を受けたことがありました。

全英和(チョン・ヨンファン)【画像】容疑者(武田病院医師)と暴力団組員山田英志【画像】容疑者、大西義彦容疑者(武田病院元医事部長)の3名は、暴力団組長である、山口組傘下「淡海一家」の総長・高山義友希受刑者の収監を免れさせようと虚偽の診断書を作成した疑いで逮捕されました。虚偽診断書作成の恐るべき手口とは、2016年1月に高山受刑者の病状に関して、大阪高検からの照会を受けた際、「心室性不整脈がかなり重篤であり、今後症状が重篤化することが用意に予測できるため、収監には耐えられないと考えられる」などと虚偽診断書を作成して、大阪高検に提出していました。全英和容疑者が医師を務めていた、武田病院は、府立医大病院と関係が深く、「心臓の武田」とも言われている民間大手の病院で、全英和容疑者は、武田病院の特色である「不整脈治療センター」のトップで、医師の間でも、「業界では腕がいいことで有名な医者だ」ということで、全英和容疑者の治療を受けるために京都府外からも患者が受診に訪れていました。しかし、腕のいい優秀な医者という一面の他に、過去には収賄事件で逮捕され、有罪判決を受けたことがあります。今回の虚偽診断書作成についても暴力団から、現金100万円と、商品券の謝礼を受け取っています。しかし、優秀な医師となれば年収は低くないでしょうし、今までも収賄事件で有罪判決を受けた過去があり、たった、100万円ぐらいで人生を棒に振るなんて、優秀な腕をもちながらもったいないですね。しかし、医師としては優秀でも、何度も繰り返すということは、人としてのその部分の欠陥が治らないんでしょうね。また、府立医大と武田病院を巡っては、武田側から府立医大幹部へ多額の不明朗な現金が渡っていた疑惑も浮上しています。京都を代表する「武田病院」と大学病院が、暴力団とどのような関係にあったのか、府警は本格的に捜査にのりだしています。

sunorino-musuko” target=”_blank”>籠池泰典の息子長男の佳茂のプロフィールと経歴は?10回改名の謎とは?
スポンサーリンク

【こちらも読まれています】

伊藤素子【画像】三和銀行詐欺事件は今?南敏之の親戚の有名歌手は誰?

訃報渡瀬恒彦!息子【画像】や嫁や娘は誰?大原麗子との離婚理由は?

瀧谷具靖【画像】相模原事件で国際手配逮捕!恐るべき犯行手口と素顔とは?

桐山悟を岐阜県大垣市事件で緊急逮捕!妻と義母を手に掛けた真相とは?

関連記事

  1. テレ朝加藤泰平アナ【画像】田中萌アナと「グッド!モーニング」不倫…
  2. 訃報神山繁【画像】英語力でブラックレイン出演いかりや長介と踊る大…
  3. 楢原創(麻酔科医)【画像】逮捕!手術中に”麻薬”の勤務先病院、経…
  4. 河合美智子現在【画像】病気療養中。復帰いつ?金山一彦と不倫、離婚…
  5. 発見間近!黒崎愛海犯人チリ【画像】名前挙げ聞き込み捜査、森林地帯…
  6. 島拓史【画像】小学校教師わいせつ行為で逮捕!学校はどこ?その手口…
  7. 石原靖洋逮捕!島根県出雲市アイスピック事件の恐るべき手口とは?
  8. 神田沙也加の熱愛彼氏の村田充【画像】って誰?広末の元カノって本当…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

PAGE TOP