限定承認

  1. 減価償却費(2)・・・中古物件の場合、建物の金額をいくらにするかで減価償却費が変わる?

    不動産経営にとって節税対策として大切なポイントである減価償却費。今回は中古物件を購入する場合に知っていると得をする大切なポイントについて解説します。中古物件、耐用年数を見積もる方法2つ:前回ご説明の通り、減価償却費は…

  2. 減価償却費(1)・・・お金の支出を伴わない経費=節税の重要ポイント!

    賃貸アパート経営を考えた場合、実際には出費を伴わないにも関わらずに経費として計上することが出来る減価…

  3. 固定資産税・・・アパート経営者が絶対忘れてはいけない金利・減価償却費と並ぶ3大経費!

    賃貸アパート経営を考えた場合、知っておかねばならない3大経費の一つである固定資産税について、絶対に知…

  4. 不動産投資、忘れてはいけない3つのポイント・・・あくまで投資用不動産は投資対象、思い入れは禁物!

    不動産投資を考えた場合に忘れてはいけないポイントは、「あくまでも不動産は投資の対象である」という点で…

  5. 賃貸向けマンション・・・資産評価額が低いため贈与税節税効果が有るってご存知ですか?

    賃貸マンションを購入することで相続税を大幅に圧縮することが出来る方法があること、ご存知でしょうか?…

  6. 限定承認した不動産が値上がりしていた場合・・・相続開始から4ヶ月以内に準確定申告が必要です

  7. 相続開始3ヶ月を経過した後に多額の借金の取立があった場合・・・相続放棄は可能?

  8. 故人の借金の連帯保証人になっていた場合、「相続放棄」では解決不能?・・・「限定承認」の可能性もぜひ考慮を

  9. 「死後離婚」・・・配偶者が死んだ後、離婚って可能?具体的な手続方法とそのメリット、ディメリットとは?

  10. 2015年の相続税改正・・・具体的にどう変わった?

PAGE TOP