人生

ASKA冤罪で釈放!現在再逮捕されていたが、尿検査にお茶で不起訴処分

違法薬物を使用したとして現在再逮捕されていたASKAについて、東京地検は起訴する証拠が得られなかったと発表。午後7時過ぎ、釈放されました。

ASKA11月25日午後7時頃自ら110番、任意の尿検査で陽性反応

ASKAは11月25日午後7時ごろ、「盗聴されているから確認して欲しい」などと東京・目黒区の自宅から自ら110番していました。駆け付けた警察官に意味不明な言動をしたため、任意の尿検査を要請すると、「分かりました」と素直に応じてました。

違法薬物の陽性反応がでたため、11月28日警視庁に逮捕される

その後、警視庁が検査を行った結果、違法薬物の陽性反応が出たため、110番通報から3日後の11月28日に、違法薬物を使用した疑いで警視庁に逮捕されました。

スポンサーリンク


ASKA「尿検査でお茶入れた」と供述、成分検出の液体、尿と確認できず不起訴処分

ASKAは逮捕後、「あらかじめ用意していたお茶を尿の代わりに採尿カップに入れた。覚醒剤は使っていない」との供述を始めた。採取した尿は微量で善良、鑑定のために使用。採尿カップは破棄したあとだった。このため、違法薬物の成分が検出された液体が尿課どうかの鑑定を実施できず、成分確認ができなかったため、19日、嫌疑不十分で不起訴処分とした。

12月19日ASKA釈放

ASKAは12月19日午後7時10分ごろ、勾留されていた東京湾岸署から釈放された。

ASKAが嫌疑不十分で不起訴処分されて釈放されましたが、実に不可解な経過でした。尿検査をして調べた結果、違法薬物の陽性結果が出たから、逮捕されたわけです。でも、取り調べている中で、ASKAが「用意しておいたお茶を尿の代わりに採尿カップに入れた。覚醒剤は使ってない」と供述、尿は鑑定のために使用したし、採尿カップは捨ててしまったので、違法薬物の陽性反応がでたのが液体か尿かもう鑑定できず、不起訴処分。採尿の際には、警視庁の課員1人とASKAの妻がトイレのドアを開けて採取する様子を背後かれ見ていたが、小さなトイレでよく手元までは確認できなかったと。しかし、見張っている前で、お茶とすり替えているのも見通せなかった警察官も警察官ですが、それを検査して、尿かお茶か確認出来なかったという検査員もちょっと信じがたいですよね。警察も、頭から逮捕すると決めて、逮捕することばかりに気が回っているからといって、あまりに操作手順が雑すぎないでしょうか。で、後から、「あれはお茶だったんですよ」と言われて、もう判定のしようがなく不起訴処分で釈放なんて、警視庁もあまりにおそまつな結末過ぎますね。

関連記事

  1. ベッキー12月現在最新情報!4月から在京キー局レギュラー決定完全…
  2. いきものがかり活動休止。「ありがとう」(動画歌詞あり)「エール」…
  3. 木下ゆうかの彼氏【動画】って誰?吐きダコで稼ぐ驚くべき年収は?
  4. 徳永有美(内村光良)妻11年ぶり番組復帰。不倫、元夫須田光樹との…
  5. 驚愕の動機!和歌山小5事件、エリート家族に何故?中村容疑者の心の…
  6. 速報!藤村俊二死んだ一報、82歳「おヒョイさん」軽妙な味の人気俳…
  7. 松野莉奈握手会(京都)号泣の過去、インフル脳症は薬が原因?
  8. 寛一郎【画像】の夢は佐藤浩市を越える俳優!ユニークな読み方と経歴…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP