健康

愛子さま現在2017真実!不登校再発で激やせ更に悪化の本当の理由とは?

愛子さま現在2017年真実は、不登校が再発してしまい、激やせは更に悪化し続けていて、一向に状態がよくなる気配がなく、不安定な状態が続いています。不登校再発で激やせ更に悪化の本当の理由とは?

スポンサーリンク

愛子さまは2月までは学校生活も順調

愛子さまは、年明け1月10日に始まった学習院女子中等科の3学期の授業に2月は普段と変わりなく出席されていて、2月13日には、学校で行われた百人一首大会に参加されました。

「大会は全生徒が体育館に集まり、学年やクラス混合の10人前後のグループに分かれ、その中で枚数を競い合います。天皇皇后両陛下や皇太子ご夫妻と楽しまれることもあるという愛子さまは、グループでいちばん多く40枚近い礼をとられました」(学習院関係者)

3学期の期末試験の直前から不登校が再発

3学期は年明けから2月中旬までは2月13日に学校で行われた、百人一首大会にも元気に出席していて、学校生活も順調でしたが、期末試験の直前の2月27日から3月1日まで学校を欠席。2日も6時間目のみの登校と、不安的な状態が続いていて、不登校が再発しています。

約1年で体重激減

愛子さまは、約1年で体重が18kgも減り、最近の体重は37kgにまで落ち、この1年で体重が激減しています。

激やせの原因は、炭水化物抜きダイエットが引き金

愛子さまが激やせになったきっかけは、炭水化物抜きダイエットが引き金となって始まりました。愛子さまは2016年の9月から炭水化物抜きダイエットを始めました。白米はほとんど食べなくなっていて、朝はヨーグルトやジュースだけで、夜はサラダ、煮物、野菜のお浸しくらいで肉類はほとんど食べていません。

3月の卒業行事には参加出来ない不安も?

学習院では3月には女子高等科3年生への送別学芸会や中等科卒業に伴う取材もあるのですが、今の激減した体重の状態で体力がもつかどうかも危ぶまれていて、参加出来ないという不安も取り沙汰されています。

4月からの高校生活について、心配されている声

愛子さまは3月で学習院女子中等科を卒業され、4月から高等科へ進学されますが、高等科では球技会や、林間学校などの”体力系イベント”もあり、専門医師の見解では、「体力を使う行事に参加される時は、体の検査をきちんと受ける必要があり、本人がやる気満々でも、検査に以上がある場合は、参加を見送るなどの対応も求められるでしょう」と言われています。また、中学校までは義務教育なので、欠席が多くても卒業できますが、高校では単位取得が原則なので、体調が理由でも欠席が多ければ、”留年”や”中退”という可能性も否定出来ないと、愛子さまの高校生活については心配されています。

スポンサーリンク

現在は、医師による食事の管理や指導を中心とした治療中

現在は、医師による食事の管理や指導を中止とした治療中で、実際の治療としては、拒食症患者は高カロリーだと考えるものを口にしない傾向があって、炭水化物を抜いているケースが多く、愛子様も、炭水化物を抜いた食事を続けています。そのため、ご飯や麺類、パンなどの炭水化物と、体を作るのに重要なタンパク質を多く含む肉や魚、豆腐などを中心にしたメニューが組まれます。ただ、愛子さまのように極端に少ない食事、あるいは野菜しか食べない等を続けていった場合には、いきなり普通の食事を取ろうとしても内蔵への負担が大きいので、おかゆなどで慣らすという細かい配慮が必要になってくるそうです。また、拒食症は、きれいになりたいという精神面が大きく影響しているので、メンタル面のケアも重要になるため一朝一夕で治るということは難しく、長期化するケースも多く、一旦落ち着いた症状が、成人後に仕事や家庭のストレスで再発することもあって、完全回復への道は険しいものだということです。

愛子さまの激やせ悪化の原因の本当の理由は”ロイヤル病”?

かつてダイアナ元妃も、拒食症に陥って、激やせに苦しみました。王室の人間になったことで多くの注目を浴びるようになり、過度に見た目を気にするようになったのが原因で、イギリスメディアはそんなダイアナ妃を「ロイヤル病」と呼びました。そして今、ダイアナ元妃の長男・ウィリアム王子の妻のキャサリン妃も拒食症が疑われていて、1月23日米紙『ナショナル・ククワイアラー』がキャサリン妃の激ヤセを報じていて、それによると、キャサリン妃の体重が40kgを切ってしまったそうです。ウィリアム王子の強い勧めもあり、摂食障害の専門家による本格的な治療が進められているそうです。スウェーデン王室のヴィクトリア王女は、本格的に公務を担い始めた成人直前の97年頃に摂食障害に悩まされるようになり、その後、拒食症を公表し、大学入学を取りやめたということがありました。愛子さまも、2016年春ごろから、皇太子ご夫妻のご公務に同行することが増え、夏頃は内親王としてのお出ましが多くなり、9月頃から、炭水化物抜きダイエットを始められたので、公務からの重圧、多くの注目を浴びるようになり、過度に見た目を気にするようになったのが原因だと思われます。

愛子さま現在2017年真実は、不登校が再発してしまい、激やせは更に悪化し続けていて、一向に状態がよくなる気配がなく、不安定な状態が続いています。4月から進学される高校生活では、体力が求められる行事も多く、また、高校は義務教育と違って、単位取得が原則なので、体調が理由でも欠席が多ければ、”留年”や”中退”の可能性も否定できず、高校生活も心配されています。愛子さまの激やせ悪化の本当の原因として考えられるのは、イギリスメディアが、かつて王室に入ってから激やせした、ダイアナ妃を「ロイヤル病」と呼んだもので、ダイアナ妃、キャサリン妃、ヴィクトリア王女も、公務を担うようになってから、拒食症に陥り、激やせに悩んでいます。それぞれ、専門家による本格的な治療を受けていますが、回復には長い年月がかかっています。愛子さまの今の状態も大変心配されます。医師による治療も受けられているということなので、回復され、高校生活を楽しまれることを願いたいと思います。

スポンサーリンク

(人気記事はこちら)

愛子さま激やせ2017年2月現在画像、原因は?危険な状態とは?

愛子さま激やせで別人「摂食障害」点滴にも追い込まれた理由

上西崇(船橋中央病院)5度目の逮捕!松岡芳春、柁原龍佑の画像と経歴

一宮浅井中学校3年いじめ飛び降り担任は相良人司【画像】?追い詰めた手口とは?

関連記事

  1. 遺産相続、債務整理の一つの方法=「限定承認」という選択
  2. 愛子さま現在2017年2月最新情報!絶食で食卓バトル!完治はあり…
  3. 訃報ムッシュかまやつ!宣告されていた肝臓がんステージは?嫁や息子…
  4. 小林麻央現在の治療状況をブログにUP。余命は?3月を乗り越えられ…
  5. 愛子さま現在真実2017は拒食症克服?皇太子夫妻公務同行の快挙は…
  6. 小林麻央再入院余命5月を乗り越えられる?急な発熱の理由とは?
  7. 小林麻央再入院で余命5月って本当?望みのアメリカ最先端がん医療と…
  8. 小林麻央病院現在2017の病状は?2週間ぶり子供と面会出来退院可…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

recomend

PAGE TOP