健康

愛子さま現在2017年2月最新情報!絶食で食卓バトル!完治はありえるか?

2月28日発売の3月17日号の「週刊女性」によりますと、愛子さまの激やせはさらに進行していて、現在2017年2月最新情報は、おそば等食べやすいものを何とか食べるだけという事で、お肉は一切食べられないそうです。驚いたことに、去年の11月は、殆ど全く食べない絶食状態も数日あったということで、雅子さまが叱責することもあり、食卓バトルが見られることもあるそうです。拒食症と言われている、愛子さまの完治はあり得るのでしょうか?

スポンサーリンク

過剰なダイエットで手足は枝のように細く、肌は極端に青白い

愛子様は、過剰なダイエットを続けられていて、通学する姿を見ても、手足は枝のように細く、肌は極端に青白くなってしまっている様子が見受けられます。

去年の11月は絶食状態の日も

去年の11月は、2、3日殆ど何も食べない絶食の日もあったようです。皇太子さまが心配されて、「作って方もいるのだから」と諭しても、「わかっています」というだけで、食べようとはされなかったそうです。

愛子さま現在2017年2月最新情報

愛子さま、現在2017年2月最新情報としては、今は、おそばなど食べやすいものだけなんとか食べている状態だということです。お肉は今でも、全く食べようとしないということです。成長ざかりの今の時期、普通は食べすぎるほど食べてしまうものですが、この食欲状態は心配ですね。

食事を巡って、雅子さまと食卓バトルも

やせ細ってしまっている状態なのに、愛子さまが食事を満足にしようとしないので、雅子さんも業を煮やして、「青いものだけでも食べなさい」と言われたり、言うことを聞かない愛子さんを激しく叱ったり、食事を巡って食卓バトルも起こってしまうそうです。青いものというのは、肉じゃがなどの場合、ネギとしらたきは食べても、じゃがいもと肉は絶対食べないそうです。これでは必要な栄養は全然とれていませんから、どんどんやせてしまいますね。雅子さんに食事の事について言われることが嫌なのか、部屋から出ようとされない時もあるそうです。

公務が増えたことも拒食症の原因の一つ

医師の推察によると、昨年から公務が増えたことも拒食症の原因の一つのようです。人前に出られたときに、「きれいになられた」「おとなっぽくなられた」と言われると嬉しくなり、「やせよう」いう気持ちに拍車がかかったとも考えられます。どんどん美しくなっている恍惚状態から、体重低下の負のスパイラルに陥ってしまっていると考えられます。

拒食症の副作用、突然死のリスクも

拒食症の副作用として考えられるのは

・生理不順、不妊促進
・免疫力低下による感染症にかかりやすくなる
・筋力も低下するのでつかれやすくなる
・思考力が落ちるので判断力も低下する
・抑うつ状態になることもある

最も怖いのは、嘔吐や下剤の使いすぎなどがある場合、電解質が乱れ、脈が乱れ、「心臓発作」が起こり、若さに関係なく突然死する可能性もあり、「死のリスク」がある点です。

カンペンターズのカレンは拒食症で、心臓発作で亡くなった

1983年2月4日、カンペンターズのボーカリスト、カレン・カーペンターは、拒食症による心臓発作でした。最後には体重が35kgまで落ちていたそうです。

スポンサーリンク

拒食症にかかりやすいタイプとは?

拒食症にかかりやすいタイプとしては、非常にまじめで、物事に対して一生懸命になる10代から20代の女性が多くかかる傾向があるそうです。愛子さまは、雅子さまに似て完璧主義だということなので、一度決めたことには妥協を許さない点が、ダイエットについても、度を越した状態になってしまっているのではないでしょうか?カレン・カーペンターも、カーペンター通の評論家が「カレンは世界中を飛び回るトップスターとしては、真面目でピュア過ぎた」とコメントしています。

雅子さまの心の病も、愛子さまの拒食症に影響

拒食症の原因として、母子関係に問題がある事が多いと言われています。かくいう、カレン・カーペンターの場合も、母親は、頭がよく何をやってもずば抜けた才能を発揮する、兄のリチャードばかりを激愛していたので、「いつも母親に振り向いて欲しい」と苦しんでいたようです。愛子さまの場合は、雅子さまが長年、ご自身が、適応障害という心の病に悩まされ続けているので、余裕のない状態の時もあり、愛子さまも、雅子さまに、自分の心の悩みや葛藤に気づいてもらえないことで、暗雲たる孤独感に悩んでいた事が、少なからずとも拒食症になったことに影響しているように思われます。

愛子さまの拒食症は完治するのか?

拒食症の治療には、10年、20年と長い時間がかかるようです。拒食症になった原因が一つではなく、色々な要因が影響して起こっていること、また、メンタルな部分が多分にあるので、治療は時間がかかるようです。また、一時的によくなったとしても、成人後に仕事や家庭のストレスなどで再発することもあって、完治への道は険しいものだということです。

2月28日発売の3月17日号の「週刊女性」によりますと、愛子さまの激やせはさらに進行していて、現在2017年2月最新情報は、おそば等食べやすいものを何とか食べるだけという事で、お肉は一切食べられないそうです。驚いたことに、去年の11月は、殆ど全く食べない絶食状態も数日あったということで、雅子さまが叱責することもあり、食卓バトルが見られることもあるそうです。愛子さまが拒食症になられた原因として考えられるのは、去年から公務が増え、人前に出ることが多くなり、容姿について誉められることも多くなり、「やせよう」という気持ちに拍車がかかってやめられなくなったと考えられます。また、拒食症の原因として、母子関係に関係に問題が多いと言われています。雅子さまは愛情こめて愛子さまを育ててきましたが、ご自分が、「適応障害」という心の病を抱えているので、ときには、自分の心の問題で気持ちが一杯になり、愛子さまの心の悩みや葛藤に気づいてあげれる余裕がないこともあったのかも知れませんね。愛子さまは、そんな状態に、孤独感や寂しさを感じて、それが拒食症への影響になったとも考えられます。拒食症は以上のように、一つだけの要因ではなく、いくつもの要因が重なって起こった、またメンタルな部分が多分に関与するものなので、一朝一夕に完治することは中々難しそうです。少しでも状態がよくなり、一度しかない思春期を楽しめる日々になられるといいですね。

スポンサーリンク

【人気記事はこちら】

上西崇(船橋中央病院)5度目の逮捕!松岡芳春、柁原龍佑の画像と経歴

一宮浅井中学校3年いじめ飛び降り担任は相良人司【画像】?追い詰めた手口とは?

愛子さま激やせ2017年2月現在画像、原因は?危険な状態とは?

福岡小倉の既婚巡査部長が別女性と披露宴!式場はどこで妻と女はどんな人?

阿武孝雄(画像)警視長が不倫で情報漏洩!エリート官僚の呆れた素顔とは?

関連記事

  1. 愛子さま現在真実2017は拒食症克服?皇太子夫妻公務同行の快挙は…
  2. 小林麻央病院現在2017の病状は?2週間ぶり子供と面会出来退院可…
  3. 小林麻央入院! 余命最新4月16日説占い乗り越えたが、5月はどう…
  4. 愛子さま現在2017真実!不登校再発で激やせ更に悪化の本当の理由…
  5. 遺産相続、債務整理の一つの方法=「限定承認」という選択
  6. 小林麻央現在の治療状況をブログにUP。余命は?3月を乗り越えられ…
  7. 訃報ムッシュかまやつ!宣告されていた肝臓がんステージは?嫁や息子…
  8. 小林麻央再入院余命5月を乗り越えられる?急な発熱の理由とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

recomend

PAGE TOP